酸素カプセルのススメ

MENU

酸素カプセルとは

酸素カプセルを利用した人は、
倦怠感がなくなるといったような感想をもつ人が多いようです。
酸素カプセルもいろいろな種類があり、使い方によって効果が違います。

 

酸素にも種類があり、赤血球とくっついて血中を流れる酸素の結合型と、
気体型の溶解型酸素があります。
結合型ですと酸素は体の隅々まで供給されません。
溶解型は気圧などを高めることで体の隅々まで酸素が供給されるのです。
気圧を通常の状態から三割ほど上げますと、体の中の酸素が倍になります。
体内の細胞の活動には酸素が必須です。
これが滞れば細胞の活動に支障が出て体調不良を起こします。
臓器や体の末端は細かい血管が多いので、酸素を運ぶのは大変です。
供給を安定して運ぶことができる酸素カプセルは重宝すると思います。

 

健康のためには本来、酸素の濃度は大気中に三割くらいが望ましいのです。
しかし実際には二割程度しかありません。
常に酸素が足りない状態ですから、
なんらかの形でその酸素不足をうめるのが望ましいのです。
酸素を十分に取り入れることのメリットは様々です。
血液自体も酸素濃度が高くなればいい状態を保てます。
特に脳への供給が大事でしょう。
ここに酸素がうまく供給されなければ運動能力も低下しますし、
学業、仕事、健康状態なども悪くなっていきます。

 

凝りがある場所、腰や肩なども血中の酸素濃度上昇の恩恵を受けます。
目の周りや体の末端の不調にもこうかがあります。
新陳代謝が良くなればそこから好循環が生まれます。
医者にいくほどじゃないといった、
体の不調も酸素増加の効果でよくなる可能性があるのです。

更新履歴